投資未経験の初心者でもプロと同じトレードが出来る必勝術
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■為替侍の究極FX デイトレ&スイング必勝法! 目指せ1億円 PDF版■


■為替侍の究極FX デイトレ&スイング必勝法! 目指せ1億円 PDF版■

Q.建玉コントロールって何ですか?

A.建玉コントロールとは、状況に応じて保有ポジションを
 増やしたり減らしたりすることで上手に利益をあげていく手法です

Q.建玉コントロールは効果的なんですか?

A.もちろんです!
 建玉を上手にコントロールしながら売買していくと
 レンジ相場で利益を積み上げながら
 大相場となるレンジ・ブレクでも利益をあげることができる
 いわば一石二鳥なトレード手法なんです


相場は上がるか下がるか2通りしかないわけですから
適当に売買しても勝率5割前後はキープできるはずですし、
収支も±0前後になるはずです
(厳密に言えば手数料・スワップ分はマイナスになります)

なのに、なぜか収支が右肩下がりになってしまうのは
何か理由があるはずです

上手く利益を伸ばせていけない理由は
トレード手法にあるわけですが
トレード手法のどこに原因があるのか?

結論としては
「損小利大が実現できていない」というのが最大の理由だと思います

もっと細かく言い換えると

「損切りと利食いと勝率のバランスが悪いからです」

損切りの重要性は様々なところで目にしていると思います
さらに損小利大の重要性も多くのところで目にします

しかし、「利大」の部分、つまり利益を大きく狙っていくことに関して
あまり強く書かれているものは、あまり存在しないように思えます

市販書籍などは資産を守るという
リスクの視点から述べているものが多いので
「利大」の部分には強く触れていないものが多いと思います

本気で利益をあげたいと望んだ場合「利大」という要素は絶対に無視できません

「利大」には「損小」と同等の重要性があることを理解する必要があります

実際に利益をあげていくとなれば
「損小」と「利大」、両方を考慮し実現できるトレード手法を
実行していかなければなりません

当マニュアルでは建玉コントロールを
用いることで「損小」と「利大」の
両方を実現していくことが可能となります


「損小」は非常に重要です
しかし「利大も重要」だということを忘れてはいけません

是非、当マニュアルで
実践的な損小利大トレードを手にしてみてください


■為替侍の究極FX デイトレ&スイング必勝法! 目指せ1億円 PDF版■



投資に関する話題

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。